【卓上&携帯型】オフィスや車内でも使える!卓上加湿器&ペットボトルだけで加湿できる携帯型加湿器!乾燥対策はこれでばっちり!

 

乾燥の季節になりました。

家でも会社のデスクでも、湿度計がかかせません(+_+)

 


 

 

▲ 会社のデスクでは、こちらを使用しています。

 

マグネット式なので冷蔵庫とかにもつけられるし、スタンドで机に置くも良し、画びょうさして壁につけるもよしの優れもの。

 

快適度がニコニコマークで5段階に調整されていて、温度と湿度のバランスがいいとニコニコしてくれます。だめだと変な顔になります。

 

最近では、ほっとくと湿度が20~30%になってしまいます><

 

なので、家では大きい加湿器をがんがんかけて、会社では定期的に霧吹きを空中にまいたり、卓上加湿器で対抗して、なんとか快適湿度50%を目指すようにしています。

 

ちなみに美肌に最適なのは60%らしいです…。泣

 

今回は、会社でも家でも、デスクの傍で使えるような可愛い卓上加湿器と、出先で乾燥が気になるときに、ペットボトルさえあれば加湿できる便利なアイテムを紹介していきます。

 

 

1.萌えにゃんこ アロマ加湿器 


 

もう見た目が可愛くて一目ぼれした加湿器です。

 

小さいから加湿力が少し不安でしたが、1回の給水で6時間稼働してくれます。

 

加湿効果だけでなく、好きなアロマオイルをいれて、ディフューザーとしても活躍してくれます♡

 

さらに7色変換LEDライト搭載で、赤・オレンジ・黄色・緑・水色・青・紫のLED光を楽しめます。

 

単色設定も可能です。暗い部屋で寝る前につけるのも幻想的で癒されますよね♡

 

2.Rocca 超音波式加湿器


 

 

こちらも見た目が可愛い…。

 

一見「加湿器なの…?!」って思ってしまうような、樹木をイメージしたインテリアとしても優秀な加湿器です。

 

ぶらさがっている葉っぱの部分はなんとリモコンになっていて、遠隔操作が可能です!

 

約8時間の連続運転と、切りタイマー、アロマ台座も搭載しているので、アロマ加湿器としても使えますよ♪

 

 

3.BRUNO パーソナル加湿器 カラー ヴィドリオ


 

香水のような見た目がまた可愛い加湿器…。見てるだけで癒されます♡

 

USB電源なので、PCに繋げても使えるし、車の中や、ベッドサイドなどどこでも使用可能!変換アダプターを使えばコンセントも使えます。

 

「連続加湿」と「間欠加湿」モードの切り替えができて、後者は約7秒感覚で加湿されるので、結露を防ぎたいときに便利です。

 

4.コップなどの容器に入れる卓上加湿器


 

どこでも使えるスティック加湿器

 

水をいれた容器さえあれば細かいミスとで空気を潤してくれます。

 

ペットボトルの飲み口にもぴったり♪USBでPCにつなげたり、ACアダプタでコンセントからも使用できます。車の移動中に便利だなーと思いました。


5.トップランド 加湿器キューブ


 

 

こちらもペットボトルに装着するタイプ。

さっきのスティック型よりもさらにコンパクトですね。

 

取り付ける部分がキャップ構造になっているので、万が一倒してしまっても、水がこぼれません!

 

USB接続タイプで、ペットボトルの容量に応じて、稼働時間が自由自在です。さらにオフタイマーもついているので、空焚きも防止できますよ♪ 

 

★まとめ

気になった加湿器はありましたか…?

ちなみに私は一番最初のものと、最後のものを持っています。

 会社のデスク・枕元・リビング・車内・旅行先のホテルなどで、用途に応じて大きさやタイプを使い分けて乾燥を防ぎましょう…!

乾燥を防ぐことができると、美肌はもちろん、風邪予防にもなりますよ( ^ω^ )

 

 

 ▼乾燥にいちおしのボディクリーム!

www.makinyanca.com

 

 

ランキングに参加しましたっ

クリックしていただけたら嬉しいです( ˘ω˘ )

にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

 

★プロフィール★

f:id:snoopy135:20170823011730j:plain

はじめまして。
昔はたくさんステマにだまされて、効果のない商品を買ってしまうことがほとんど。口コミ・感想、と検索すればステマっぽい記事がほとんどですよね…。そんななか、何を信用して買えばいいのかわからない…!と自分自身困っていたので、自分が使ってほんとによかったもの、よくなかったもの、を発信できる場所を作りたいな、ついでにちょっとお小遣いほしいな、なんて気持ちで始めたブログです。率直、をもっとーに書きたいので、正直な意見を言ってしまったりします。ご不快な方には申し訳ありません。